鳥獣を約20日間で減容化

鳥獣害対策とジビエ活用・・・クリーンな処理へ

~鳥獣処理機「バイオベータ」のご紹介~

  • 安全、クリーン、省エネな鳥獣処理が可能
  • ランニングコストは1日数回、タイマーで行う自動撹拌の電気代と一緒に投入するおが粉のみ
  • 投入後の自然発酵熱だけで発酵が進み、約20日間で処理が終了
  • 加温、加熱、菌の投入は不用なので、ランニングコストは低い
    1日あたりの可能投入量は、27㎏~225㎏を毎日投入可能(規格による)

鳥獣処理機バイオベータと他社品との比較

バイオベータは

* バイオベータで鳥獣処理を行う際はおが粉を投入するだけで、菌類などの投入は一切不要です。
* 加温、加熱はせず、自然発酵熱だけで処理が進むので、ランニングコストは自動撹拌時の電気代約4~9万円/年とおが粉だけです。
また、定期的なメンテナンスは不要です。
* 毎日連続投入が可能で、約20日間で減容化処理が終了します。

鳥獣処理機バイオベータ規格

鳥獣処理機バイオベータについてのお問い合わせは

okuyama@sunglow.info または、 090-5157-5009(代表 奥山)まで